共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ごぼう茶の副作用にはごぼうに含まれるサポニンが関係している!


ごぼう茶は健康や美容、ダイエットと様々な効果が認められている優れたノンカフェイン茶です。
しかし、ごぼう茶には一部副作用があると言われています。

 

 

 

それはごぼうに含まれるポリフェノールの「サポニン」が関係しています。
ごぼうの皮にある「アク」に多いサポニンが悪さをする事もあるのです。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

サポニンは下痢を促す可能性がある!?


サポニンはコレステロールや脂肪の分解作用や抗酸化作用などダイエットや美容に効果が高い成分ですが、時に悪さをするケースもあります。
サポニンの作用の1つの悪玉コレステロールの分解作用ですが、悪玉だけでなく善玉のコレステロールの分解を促してしまう事もあります。

 

そして下痢を催す可能性があります。
ごぼうを食べた時に下痢になる人はごぼう茶の摂取は向いていないと考えられます。

 

基本的には漢方にも含有されるサポニンで植物と言う事で大きな副作用はないのですが、体質によって合う合わないがあるのでごぼうで体調を悪くしたり下痢をした経験がある場合はごぼう茶は控えるのが無難ですね!

 

 

 

ごぼうにアレルギーがある人は控えよう


ごぼうにあるサポニンは健康と美容、ダイエットに効果的な成分ですが、人によってはアレルギーを起こす可能性もあります、
ごぼうの皮には強いアクがあります、料理で使う場合は皮を取って水に浸す事でアク抜きをします。
このアクにアレルギーが強く出るとされています。
ごぼうはキク科の植物ですので、菊アレルギーがある場合は摂取するのは止めましょう!

 

 

 

このごぼうのアクにはごぼう茶にも多く含まれるポリフェノールの「サポニン」が含まれています。
ごぼうの皮でアレルギー反応が出た経験がある人はサポニンが原因の可能性がありますのでごぼう茶の摂取も控えるべきです。
ごぼう茶とアレルギーについての詳細は「ごぼう茶とアレルギーについて」で説明していますので参考にしてください。

 

 

少量を定期的に摂取する事は問題ないごぼうやごぼう茶ですが、大量の摂取をするとアレルギーがない人でもサポニン成分が悪さをする可能性があります。
商品に書かれた量を定期的に飲むように心がげましょう。

 

 

間違った飲み方さえしなければ、ごぼう茶はダイエット効果&美容効果&健康効果(血糖値上昇抑制・高血圧改善・血行促進)があり、その成分は中国では漢方で使用されるほどの効能がありますので高い効果が期待できるノンカフェインのお茶です。

 


共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 




スポンサードサーチ


TOPへ