共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

母乳の敵「乳腺炎」はごぼう茶で予防しよう!


母乳中の病気で有名な病気に「乳腺炎」があります。
この「乳腺炎」は母乳が次第に濃くなり、最終的には母乳が全く出なくなってしまう病気です。

 

 

母乳で赤ちゃんを育てている人には大問題ですよね!
さらに、赤ちゃんだけでなく授乳させている女性にも強い痛みを伴うケースが多いので、放置するわけにはいきません。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

乳腺炎の主な症状一覧!
  • 黄色を帯びた母乳が出る
  • 胸が強く張り固くなる
  • 胸に熱を持つ
  • 胸にしこりが出来る
  • 胸に赤みが出る
  • 胸を触ると痛みがある
  • 発熱や寒気を生じる場合もある
  • 頭痛や関節痛を生じる場合もある
  • 腕を動かすと胸が痛む

 

 

 

 

2種類ある乳腺炎!始めは急性うっ滞乳腺炎が一般的!


乳腺炎には2種類あります。「急性うっ滞乳腺炎」と「化膿性乳腺炎」です。

 

通常は乳腺に母乳が詰まってしまう事で炎症を起こして発症します。これが一般的で「急性うっ滞乳腺炎」と呼びます。
もう1つの「化膿性乳腺炎」は「急性うっ滞乳腺炎」の状態を放置して悪化させた事で起こる事がほとんどです。

 

 

放っておくと化膿してしまい、そのまま「化膿性乳腺炎」になるケースが一般的です。
これらの病気になってしまったら、まずは病院へ行って診察を受ける事が先決です。

 

 

ごぼう茶では予防する事が出来てもすでに痛みを発症した「乳腺炎」を治す事は難しいからです。
しかし、授乳中の方で、「乳腺炎」の症状が出ていない人は今からでもごぼう茶で予防してみるのも方法の1つですね!

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

「乳腺炎」はごぼう茶で予防出来る!質が良いごぼう茶を飲む事!


ごぼう茶に含まれている成分によって母乳を薄くする作用があります。
母乳をドロドロからサラサラの状態にする事で、乳腺に母乳が詰まる事を防いでくれます。

 

 

特に出産直後の女性は女性ホルモンの分泌に安定性がないので免疫力自体が非常に弱っています。
この弱った免疫力がより、細菌への抵抗を弱めてしまい乳腺炎になる可能性を高めています。

 

 

ベストな方法は妊娠中からごぼう茶を摂取する事が乳腺炎の予防としても効果的な方法です。
ごぼう茶の成分には整腸作用や血糖値上昇を抑える作用、むくみ改善、便秘解消、老廃物の排出を促すデトックス効果などがある為健康の面でも妊娠中や授乳中の女性に飲んでもらいたい飲み物です。

 

 

特に女性が出産後になる病気の1つに糖尿病があります。出産を経験してから、体質の変化が起こり一気に高血糖症に陥るのです。
この糖尿病や高血糖値を予防するにもごぼう茶は飲まれています。
糖尿病とごぼう茶の関係については「糖尿病とごぼう茶」で説明していますので参考にしてください。

 

 

 


共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 




スポンサードサーチ


TOPへ